カウンセリングの重要性

先生

リスクを知ろう

脂肪吸引を検討している人の中には、失敗が怖いと感じている人もいるようです。失敗とは、どのようなことを把握することにより、その失敗を回避するための対処法を知ることが出来ることもあります。まず、脂肪吸引で起こりうる失敗の一つとして、肌が凸凹するということがあります。これは、脂肪吸引をする際に、ムラがあったということがあります。多少の凸凹であれば、しっかりとケアをすることにより目立たなくさせることも出来ますし、膨らんでいるところを再度吸引する、それが出来ない場合には、凹んでいる部分に脂肪を移植することにより、凸凹を目立たなくさせることが出来る場合もありますので、施術を行った医師に確認するようにすると良いでしょう。

希望を伝えよう

脂肪吸引は、皮膚に小さな穴を開け、そこから専用の器具を挿入し、脂肪を取り除いていきます。小さいとは言え、多少の傷あとは残ることになります。しかし、肌の新陳代謝が正常である場合には、施術後1年程度で傷あとも目立たなくなります。傷あとが気になるという場合には、塗り薬を使用することで薄くなることもあります。脂肪吸引で取り除くことが出来るのは、一部の皮下脂肪だけです。つまり、もともと脂肪の量が少ないという箇所への施術では、効果を感じることが出来ない可能性もあります。施術を受ける前には、医師に確認し、どの程度の結果を得ることが出来るのかを把握するようにしましょう。その際には、どの程度のサイズダウンを希望するのかを伝えることも大切です。